総合補償制度

リース・運輸事業部
総合補償制度

合補償制度のご案内

当社では、レンタル機械のご利用期間中に、万一の事故が発生した場合に補償できる
『総合補償制度』をご用意致しております。

昨今まことに遺憾ながら、建設機械・車輌等の盗難事件が、各地で発生しております。

また、工事現場において建設機械(運行中の車輌)の破損事故・人身事故等も発生しております。
このような、レンタル機械のご利用期間中に発生する様々な事故に対して幅広く対応できる制度です。

総合補償制度は、お客様に「補償料」を負担して頂くこととなりますが、お客様の負担を極力低減すべく検討、努力した補償制度です。
万一事故が発生した際は損害額(賠償額)に対し、一部のみご負担いただく「お客様ご負担金」にて対応いたします。(但し、事故の内容によっては制度対象外となる場合がございます。

償内容

対象機種 補償内容 お客様ご負担金 補償料金
動産補償 各支店へ
お問い合わせ下さい。
補償金額 時価額 レンタル中の機械が、破損・盗難等
偶然な事故による損害を補償致します。
破損事故
※1事故につき
 5万円〜50万円
各支店へ
お問い合わせ下さい。
全損・盗難
3千円~110万円
賠償責任補償
対人:
1名
1事故
1億円
2億円
対物:
1事故
2千万円
お客様がオペレーションミス等により人を死傷させたり、 物を破損した等、法律上の賠償責任が発生した 時、お客様がご負担する損害賠償金を補償致します。
※1事故につき
 20~100万円
自動車補償
対人:
無制限
対物:
1事故
無制限
搭乗者:
1名
3千万円
車輌:
時価額
※1事故につき
 20~100万円
  • ●補償料金 : 弊社出庫日から弊社入庫日まで全日ご請求させて頂きます。
  • ●お客様ご負担金 : 事故発生時、お客様にご負担頂く金額です。
  • ●休業損害 : レンタル機に破損又は盗難が生じ休業期間を要する場合、休業期間中の休車損害をご負担頂きます。
  • ※1事故とは、1回の動作で生じた事故のことです。
  • [ 注意 ] 1年以内に事故を重ねた場合は、お客様ご負担金が増額(3事故目以降)となります。
● ● 補償内容 ● ●

動産補償

  • ●レンタル機械の通常作業中で発生したレンタル事故による損害 ※1の破損による損害
  • ●レンタル機械の保管中および作業中の現場内における火災による損害
  • ●レンタル機械の保管中および作業中の現場内における盗難 ※2による損害
  • ●レンタル機械の保管中および作業中の現場内におけるいたずらによる損害
  • ●レンタル機械の運送中の事故による損害
  • ※1 通常作業中で発生した事故とは、定められた正しい使用方法での作業中に発生した事故、故意により発生した事故については通常作業中の事故とはなりません。
  • ※2 盗難とは、警察への届出を行い警察にて盗難事故として受理された事故です。

【動産補償事故例】

  • ○作業中に油圧ショベル等が操作ミスで横転し、キャビンが破損した。
  • ○現場に置いてあるレンタル機械が盗難されてしまった。
  • ○回送中、交通事故に遭いレンタル機械が荷台から滑り落ち破損した。
  • ○現場で保管していた油圧ショベルが放火され、全焼してしまった。
  • ○作業中に誤ってシリンダーをぶつけてしまい、破損させてしまった。

賠償責任補償

  • ●レンタル機械で作業中の操作ミスによる損害について、※第三者に対して負担すべき法律上の賠償責任(賠償責任補償で定める範囲以内)
  • [ 注意 ]貴社において同様の保険に加入されている場合、貴社の保険と按分させていただく場合がございます。
    また、元請側が保険加入しており尚且つ元請側の過失が考えられる場合も同様です。
    人身事故の場合、労災保険、労災上乗せ保険(傷害保険等)を優先させていただきます。
  • ※第三者とは、該当する建設現場において作業を行っている企業、またその作業者以外を指します。

【賠償責任補償事故例】

  • ○油圧ショベルを操作中に、通行人に接触し、重傷を負わせてしまった。
  • ○ブルドーザーで作業中に、操作を誤って第三者をケガさせてしまった。
  • ○油圧ショベルを旋回させ、誤って第三者の自動車にバケットをぶつけて破損させてしまった。
  • ○油圧ショベルでガラを積込み中、操作ミスによって電話線を切断した。
  • ○ブルドーザーで作業中に、操作を誤って現場内で運送業者のトラックにぶつけてしまった。

自動車補償

【対人・対物賠償責任補償】

  • ●レンタル車輌を通常運転中に、第三者(他人、若しくは他人の財物)に対して発生した損害に対し、負担すべき法律上の賠償責任を補償致します。
  • [ 注意 ]通常の運転中に発生した事故とは、定められた正しい使用方法での運転中に発生した事故であり、故意または、無理な運転(あおり運転等)により発生した事故については、通常運転中の事故とはなりません。

【人身傷害補償】

  • ●レンタル車輌の正規の乗車装置に通常乗車中の方が事故によって死亡したり、身体に後遺障害または傷害を被ったときに補償されます。傷害時には医療補償金として、通常生活が可能になるまで要した入院及び通院日数に対して、補償限度額を限度に実際の損害額の補償を受けられます。
  • [ 注意 ]相手の方からの賠償金や労働災害補償制度等による給付がある場合は優先使用を前提とさせて頂きます。

【車輌補償】

  • ●レンタル車輌を保管中及び使用中における通常の運転中に発生した事故、盗難、火災(地震を原因とする火災を除く)による損害。
● ● 主な補償対象外となる損害 ● ●

【動産補償・賠償責任補償共通】

  • ●故意、重大な過失による損害
  • ●戦争、変乱、暴動、労働争議等によって生じた災害
  • ●差押え、徴発、没収、破壊等、国または公共団体などの公権力の行使によって生じた損害
  • ●じんあい、騒音、核汚染などによって生じた損害
  • ●地震、もしくは噴火など天災またはこれらによる津波によって生じた障害
  • ●事故に関わる間接損害 ※1
  • ●その他保険会社の約款に定める免責事項
  • ●車両系運転技能終了資格を有しない者の運転操作による事故の損害
    車両系資格=各々レンタル機械を操作するための資格
  • ※1 事故発生時の車両入替費用、代替車両のレンタル料金、事故車両修理期間の休車補償費用や事故が原因により工期が延長になった為の損害費用等。

【動産補償】

  • ●常識的始業点検を怠った使用によるもの(作動油・オイル・冷却水・安全装置等)
  • ●製造元が定める「正しい使用方法」以外での使用中に発生した損害
  • ●バケット、カッター等消耗品や履帯(シュー)、管球類(ライト等)の損害
  • ●電機的・機械的による損害(お客様の不注意によるエンジン焼付け等)
  • ●アタッチメントの常時他と接する部分の損害
  • ●自然消耗、性質による錆、カビ、変質、虫食い
  • ●置き忘れ、紛失による損害
  • ●台風、暴風雨、豪雨による洪水・高潮・土砂崩れ等の水災事故
  • ●凍結による損害
  • ●詐欺、横領による損害
  • ●所轄警察への届出がなかった場合(盗難事故時)
  • ●部品の部分盗難(バッテリーのみ盗まれた等)
  • ●ガラスの単独破損

【賠償責任補償】

  • ●賠償責任補償にて取り決めている賠償額を超える分の損害
  • ●事故を起こした人と死傷した被害者が同じ勤務社内の場合
  • 加入者 ※1 の会社が所有・使用・管理する財物に生じた損害 ※2
  • ●重大な法令違反によって生じた損害
  • ●自動車の所有、使用、管理に起因する損害
  • ※1 加入物の範囲は、借主の下請人、元請人等現場関係作業者をいいます。
  • ※2 他社からレンタル中の機械を破損した場合、補償対象とはなりません。

【自動車補償】

  • ●使用者の故意または重大な過失及び法令違反によって生じた損害
  • ●無免許運転又は酒酔い、酒気帯び、麻薬および危険ドラッグ等の違法使用による事故及び損害
  • ●事故を起こした人と死傷した被害者が、父母・配偶者・子供・同居の親族・同じ勤務社内の場合
  • ●運転者の会社(下請人、元請人等現場関係作業者を含む)及び個人が所有・使用・管理する財物の損害
  • ●詐欺、横領等不誠実行為により発生した損害
  • ●自殺行為、犯罪行為、闘争行為に起因する損害
  • ●レンタル車輌の運行に起因しない事故により生じた損害
  • ●当事者間のみで示談してしまった場合の賠償金
  • 加入者 ※1 の会社が所有・使用・管理する財物に生じた損害 ※2
  • ●運転者の脳疾患、疾病、または心神喪失 ※3 によってその本人に生じた損害
  • ●地震もしくは噴火またはこれらによる津波によって生じた損害
  • ●台風、洪水または高潮によって生じた対人・対物賠償による損害
  • ●所轄警察へ届けが出されていない場合
  • ●無断で転貸し発生した損害
  • ●法令で定められた始業前点検、日常点検を怠ったために生じた損害
  • ●製造元が定める「正しい使用方法」以外での使用中に発生した損害
  • ●車輌もしくは車輌に付属する機械の能力を超えた使用(クレーンの吊上げ重量制限等)、及び不適当な使用(用途外使用)による損害
  • ●不適当な管理状況(鍵を付けたままでの放置等)での盗難による損害
  • ●過積載による事故。積荷の不完全な固定、積載方法の不備・制限違反による損害
  • ●欠陥・磨耗・腐食・塩害・さび・かび・虫食い、その他自然の消耗による損害
  • ●部品の部分盗難(タイヤ、バッテリー、ナンバープレート等)
  • ●クレーン付車輌、高所作業車等のブームやアウトリガーを定位置に格納しない事により発生した損害
  • ●軟弱地盤でのアウトリガージャッキ下に敷板を使用しなかったことによる損害
  • ●高さ制限に気づかず走行し、車輌及び積載した商品を破損させた場合
  • ●オイル不足やオーバーヒート等によるエンジン焼付等
  • ※1 加入物の範囲は、借主の下請人、元請人等現場関係作業者をいいます。
  • ※2 他社からレンタル中の機械を破損した場合、補償対象とはなりません。
  • ※3 心神喪失とは認知症、知的障害、精神障害等の理由により判断能力が常時かけている状態をいう。
  • 【注意】その他規定に基づき判断するものとする。