安全輸送への取組み

リース・運輸事業部
安全輸送への取組み

送の安全に関する基本的な方針

1.事業主は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。 2.事業主は、現場での安全に関する声および意見などに真摯に耳を傾け、現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底させます。 3.会社は、輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan、Do、Check、Act)を確実に実施し安全対策を常に見直すことにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。

送の安全に関する重点施策

1.輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守します。 2.輸送の安全に関する費用支出及び投資を、積極的且つ効率的に行うよう努めます。 3.輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じます。 4.輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達共有します。 5.輸送の安全に関する教育については、具体的な計画を策定し、これを確実に実施します。 6.管理の受委託にあたっては、委託者及び受託者は相互に協力、連携し一丸となって輸送の安全性向上に努めます。

送の安全に関する計画

年間計画を作成し、全乗務員の運転状況を把握するとともに、運行管理者による教育指導を行います。
また管理者による事故防止会議を実施するほか、外部機関による管理者講習等にも積極的に参加し、管理者、乗務員共に輸送の安全向上を図っています。

  • 月例ドライバーミーティング

  • 毎年恒例!!
    年始めに全従業員を集めた安全大会