安全に関する取り組み

安全に関する取り組み

全に関する基本方針SAFETY

「重大事故0件」・「車両故障0件」

  • 1. 安全確保の最優先がバス事業者の使命であることを深く認識し、社長及び役員・社員一同が安全確保に最善の努力を尽くす。
  • 2. 輸送の安全に関する法令及び関連する規定を遵守し、厳正かつ忠実に職務を遂行する。
  • 3. 安全管理体制を適切に維持するために不断の確認を遂行する。
    輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

株式会社柳沢リース建設 代表取締 役柳沢光則

輸安全マネジメントに関する取り込みMANAGEMENT

1.教育計画

年間計画を作成し、全乗務員の運転状況を実査するとともに、運行管理者による乗務員の教育指導を行います。
また、管理者による事故防止会議を実施するほか、外部講師による管理者教育・バス協会主催の安全講習などに積極的に参加し、乗務員教育に努めます。

2.安全運動

春の全国交通安全運動の他の下記の運動期間に合わせ、所轄の警察署から交通総務の係官を講師として招き、事故防止に努めてまいります。
  • ➀春の全国交通安全運動(4月初旬)
  • ➁夏の交通事故防止運動(7月)
  • ➂秋の全国交通安全運動(9月下旬)
  • ➃年末・年始自動車輸送安全総点検運動(12月中旬~翌年1月上旬)

3.設備投資

  • ➀車両については、低公害・安全・バリアフリーに対応した車両の導入を検討してまいります。
  • ➁乗務員の自己管理能力を向上させるため、ドライブレコーダーの導入計画を現実化に向け努力してまいります。

4.安全対策会議

本社部門と現業部門に意見交換会等を含めた会議を開催し、情報の共有化を図り、 ヒヤリ・ハットの事例をもとに解析に努め、全社をあげて事故防止に努めてまいります。

全対策の1つとして警報システムの導入SYSTEM

  • 追突警報システム

    本社部門と現業部門に意見交換会等を含めた会議を開催し、情報の共有化を図り、ヒヤリ・ハットの事例をもとに解析に努め、全社をあげて事故防止に努めてまいります。

  • 車線逸脱警報システム

    走行中に車線を逸脱することを防ぎます。

CONTACTお問い合わせ

049-289-5151営業時間 8:00~17:00
日・祝日定休

メールでのお問い合わせ